紅茶のある暮らし - T-Sticks of London - RSS



アフタヌーンティーのはじまりとは??

ゆったりとした空間でいただく極上の紅茶とスコーン。アフタヌーンティーを楽しみながらくつろぐティータイムは格別な癒しの時間です。英国発祥のアフタヌーンティーは、19世紀に第7代ベッドフォード公爵夫人アンナ・マリアが考案しました。 軽い昼食と夕食の間にお腹がすいてしまうので、紅茶のお供にバターやジャム付きパンを所望したのが始まりです。高級なティーセットにセンスのある料理とお菓子、そしてお気に入りの紅茶。英国上流階級の人々は贅沢で華やかなアフタヌーンティーの時間を過ごしていました。三段アフタヌーンティースタンドはホテルによって種類は様々。色とりどりに並ぶケーキやスコーンがテーブルを華やかに彩ります。食べる順序は、サンドイッチ、スコーン、ケーキ、パン類からお菓子へという順序です。 英国伝統のお菓子、スコーン。スコーンもパンと同じに扱うものなのでナイフで半分に切らずに手で割って食べるのがルールです。その方がスコーンの食感を楽しめるので、味も良くなります。ジャムとクロテッドクリームをお皿の脇によそい、ナイフを使ってスコーンに少しずつ塗ります。食べるときはもちろんナイフを使わず、手を使って食べましょう。  

続きを読む



紅茶の嬉しい効果とは??

紅茶よりコーヒーという方も多いとお思いますが、紅茶には長い歴史と多くの効能があります。ご存知の方も多いと多いますが、簡単に紅茶の効能について書いてみたいと思います。😃   ■ 疲労回復:程よいカフェインにより、疲労感を和らげます。 ■ 風邪に予防:紅茶でうがいをすることで、タンニンやテアフラビンがインフルエンザウィルスの活性化を抑えます。 ■ 動脈硬化と高血圧の抑制:紅茶に含まれるタンニンが血液中のコレステロール濃度を下げる働きをしてくれます。 ■ 虫歯予防:フッ素が虫歯菌の働きを抑制します。 ■ 肥満予防:タンニンが皮下脂肪の燃焼を促し、グリコーゲンを保持してくれます。 5つの効果を上げてみました。 紅茶は、主成分のタンニンが食べ物に含まれている脂肪や油を分解してくれる働きがあります。(抗酸化作用・コレステロール低下作用・抗ウィルス作用・抗酸化作用などもあります。)おうち時間で、運動量が減っている方にはオススメです!おうち時間のルーティンに加えてみては?!😃    

続きを読む



就寝前の紅茶は身体にいい!?

紅茶にはテアニンという、心と身体をリラックスしてくれる成分が含まれています。テアニンは、緊張を和らげ・興奮状態を沈めてくれる作用があるため身体を緊張状態から開放してくれて、寝付きが良くなったり深い睡眠が得られる効果をもたらします。 一日張り詰めていた状態をリセットするにはとてもオススメの飲み物です😃   気になるのはカフェインだと思います。 カフェインは、腸内環境を整えたり・血糖値の上昇を抑えてくれる効果があります。そして、カフェインは脂肪の分解を促進してくれるのでダイエット効果も見込むことができるとも言われています。 (確かにイギリスの人たちは、紅茶を飲む習慣があるからなのかスタイル良い人たちが多いというイメージですね!) しかし、カフェインには覚醒作用もあります。紅茶にはコーヒーほどの含有量はないですが、寝る直前に飲むというのはオススメできません。カフェインの分解の時間は、個人差はあるものの数時間かけて分解していきます。 ・オススメは、就寝前の2-3時間です。 今は、カフェインレスやカフェインフリーなどの商品も増えているので時間によって飲み分けるというのも良いかもしれませんね。 長いおうち時間、1日の心と体のリセットに、夕食後に一杯の紅茶を楽しんでみてはいかがでしょうか!😃            

続きを読む



モーニングルーティンに紅茶は効果的😃

最近紅茶の効能が少しづつ日本でも広まり一日一杯紅茶を飲むという方も増えてきていると聞きます。イギリスやインドなどでは、朝紅茶を飲むことが習慣になっています。 「 朝の一杯の紅茶のポイント! 」 ・代謝を高めて体温を上げてくれる ・紅茶成分タンニン・カフェインのW効果により、集中力を向上させ・頭の中をリセットをしてくれる ・カテキン成分によって糖分を分解してくれる 体温が下がる朝に飲むと、代謝が上がり寝ている身体を起こしてくれます。そして、紅茶の程よいカフェインがリラックス効果と集中力を与えてくれます。 朝はついつい甘いものを摂取しがちですが、紅茶と一緒に食べればカテキン成分が分解してくれます。 海外の朝のティータイムの習慣は、納得いく習慣ですね!😃 日本にも緑茶という同じ茶葉を使った飲み物がありますが、作用が全く違うのでシーンや気分に合わせて飲み分けるといいかもしれませんね。 (紅茶は身体を温める飲み物、緑茶は身体を冷やす飲み物、と言われています。)  

続きを読む



Tea Timeを楽しむ!ことが風邪の予防にも役立つ!?

寒いこの時期、寒さで身体緊張状態になりがちですよね。そんな時こそ、紅茶でホッと一息ついてみてはいかがでしょう! その一杯が心も体も整えてくれるかもしれません。☺️ この時期に気になるのが風邪ですよね。紅茶は「美容健康などにいい」と言われていますが、「風邪の予防」もできる成分が含まれているとも言われています。 紅茶の茶葉に含まれるカテキンは緑茶よりも発酵が進んでいるため緑茶より強く殺菌効果を発揮します。紅茶のカテキンは、とても便利で喉の痛みや冬場の乾燥や風邪のウィルスの侵入も防いでくれます。 紅茶に含まれるカテキンや赤い色素のテアフラビンという成分が、インフルエンザウィルスに付着して細胞に侵入するのを防ぎ活動や増殖を抑えてくれます。 「緑茶うがい」という言葉はよく聞きます。「紅茶うがい」もおすすめです。どちらも同じカテキンですがより殺菌力の強い紅茶は最適です。「紅茶うがい」は飲料用よりも薄いものでも効果があると言われているので、飲んだ後の出がらしで少し低い温度で抽出するのがいいかもしれません。 また。外出先や職場など、うがいが難しい場所でも紅茶や緑茶を飲むことで風邪予防のメリットが受けれるのでオススメです! TEATIME IS ANYTIME!

続きを読む